あなや大学生  

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。

昆虫食 第26話 春巻きなら、誰でも昆虫食出来んじゃないの?

杏「ふと思ったんだけど、僥多がやってる昆虫食って、見た目悪すぎじゃない?」 僥多「なぬーッッ!」「たしかに、言われてみれば、虫丸出しで、初心者受けが悪いかもな…。」 杏「もっとこう、虫を隠すことは出来ないの?」 僥多「そうだな…、春巻きにするの…

昆虫食 第25話 孫太郎虫の親は何太郎? ヘビトンボの食べ方

僥多「杏ちゃんは、『孫太郎虫』をご存知かな?」 杏「知らない。」 僥多「日本で、古くから食べられてきている昆虫だ。その正体は、ヘビトンボという昆虫の幼虫のことなんだ。」 杏「ヘビなのにトンボ?」 僥多「この虫は、綺麗な渓流にしかいないことから…

昆虫食 第24話 触れるな!食べるな!昆虫食の危険地帯

杏「僥多って、ほんと、どんな昆虫でも食べるよね。」 僥多「いや、実はそうでもないんだ。僕だって、絶対に食べてはいけない昆虫を知った上で、昆虫食に取り組んでいるからな。」 杏「蜂ですら食べる、あの僥多も食わない虫がいるの!?」 僥多「蜂の毒は、…

番外編 第23話 シェアリングエコノミー uberのライドシェアリング

杏「うーん…。」 僥多「今度はどうした?杏ちゃん。」 杏「シェアリングエコノミーについて考えていたの。」 僥多「もうちょい分かりやすい言い回しをください。」 杏「物を人とシェアするビジネスモデルよ。」 僥多「なるほど。」 杏「今の日本人の生活を世…

昆虫食 第22話 ゴマダラカミキリの食べ方

僥多「この前、杏ちゃんが言ってたキモい飛び方してたカミキリムシって、この子のことか?」 杏「そうそう!」 僥多「これは、ゴマダラカミキリだ。この前食べたミヤマカミキリよりかは小型だが、カミキリムシの中では、比較的大きい部類に入る。」 杏「なる…

昆虫食 第21話 夏に食べるは、旬のセミ! ~僥多の昆虫食の始まり物語~

僥多「もう…あれから一年経ったのか…。」 杏「?、、どれですか?」 僥多「実は、本日7月22日は、僕が本格的に昆虫食を始めた記念すべき日なのだよ。」 杏「な、なるほど。」 僥多「一年前の今日、夜に近所でセミの幼虫を拾って食べたのが全ての始まりだった…

昆虫食 第20話 コガネムシとは何かが違う!? カナブンの食べ方

杏「あっ、僥多!」 僥多「お、杏ちゃん。どうした?」 杏「今日、学内をカミキリムシが飛んでいたわ!」 「飛び方が何というか、不気味だったの…。」 僥多「あぁ、カミキリムシやカブトムシは、甲虫の中でも、飛ぶのが得意ではないからねぇ。」 杏「なるほ…

昆虫食 第19話 本格昆虫食 肉バッタ

僥多「そろそろ、色んな昆虫の基本的な味が分かってきたから、普段、作る日常的な献立にも昆虫を食材として取り入れたいと思う。」 杏「ついにそこまで来たのね!」 僥多「てことで、今日は、ヤブキリの仲間とクビキリギスが手に入ったから、肉じゃがを作ろ…

番外編 第18話 色変わりなティータイムはいかが? コモンマロウの楽しみ方

――午前中に授業が終わった昼下がり―― スポンサーリンク // 僥多「お茶飲むか。」 杏「いきなり何よ。(どうせ、虫が入ったお茶でもでてきそうね。)」 僥多「家で乾燥させているコモンマロウがちょうど飲み頃だと思ってね。」 杏「コモンマロウ?…聞いたこと…

株取引 第17話 由水杏 恋の悩み

――杏は大学図書館で一人、悩んでいたーー スポンサーリンク // 杏「うーん、どうしたら良いのかしら、私。」 僥多「どうしたんだい?(ヌォッ)」 杏「わっ、(神出鬼没の)僥多だ!!(マジでびっくりした、、)」 「いや、ちょっと、、なななんでもないよ。」…