昆虫食 あなや大学生

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。昆虫食のやり方、食べ方を紹介します。

昆虫食 第5話  奇妙なお昼ご飯

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「さて、家に着いたし、調理を始めるか!」

 

 

 

~奇妙なお昼ご飯のはじまり はじまり~

 

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「まずは5分ほど、この虫たちを冷凍する。特に、あげものをする時に、活きが良いままだと、が飛んできてとても危ない。それに、虫たちも、活きたまま揚げられるのは可哀そうだしね。」

f:id:HUSIYUSUI:20190614204124j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain
僥多「今日、採った虫たちは、これだ。右の大きいバッタがツチイナゴ、上の3匹がコガネムシ、その下の黄緑色の虫がクビキリギス(♀)、左下にいるのはトノサマバッタの雄かな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「うわ…控えめにいって気持ち悪いよ…。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「まぁエビだと思えば、一緒だよ。」

 

 

 

 

――――調理中――――

 

 スポンサーリンク

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多完成したぞ!」

f:id:HUSIYUSUI:20190614204225j:plain

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

(…、こ、これを食べるの?)」

 

 

 

 

――――実食――――

 

 

スポンサーリンク 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多揚げ物という料理方法は、虫本来の風味を損ねるかわりに、かなり食べやすくなるという利点がある。コガネムシは、揚げると小エビよりも食べやすく、軽いおつまみになる。他のバッタは意外にも、ジャガイモのような風味があって美味しいな。特に大型のツチイナゴは、頭にクセのある苦みを感じつつも、身が詰まっていて、食べ応えもある! うまいッ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190614204358j:plain

 

 

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190614215917j:plain

「あっ…、私は…ムリです。」

 

                

 

 

                               TSUDUKU…

 


※ブログ内では、捕まえてすぐ食べているように思えますが、実際は、3時間ほど、糞抜きをしてから調理しています。

 

スポンサーリンク