あなや大学生  

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。

番外編 第18話 色変わりなティータイムはいかが? コモンマロウの楽しみ方

――午前中に授業が終わった昼下がり――

 

スポンサーリンク 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多お茶飲むか。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「いきなり何よ。(どうせ、が入ったお茶でもでてきそうね。)」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「家で乾燥させているコモンマロウがちょうど飲み頃だと思ってね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「コモンマロウ?…聞いたことないわ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ハーブの仲間だ。なかなかわったハーブティーが飲めると思うから、とりあえず作ってみよう!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「良いティータイムになりそうね。(今日は)」

 

 

――――僥多の家に到着――――

 

スポンサーリンク 

 

  

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「これが畑にある、コモンマロウの写真だよ。」

f:id:HUSIYUSUI:20190717001812j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「わー、素晴らしいわ!(虫と違って)」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「この花と葉っぱを摘み取って1週間ちょい乾燥させたものがこれだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716233757j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain
僥多「これをティーポットに入れて、お湯を注げば調理完了!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716233826j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain
僥多「お湯を注いだ直後はとても綺麗な青色になる。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716233849j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「綺麗なブルーだわ。」

 

 

僥多「注いで2分もすると、緑茶ともまた違う緑色を醸(かも)し出してくれる。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716233910j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「わーー、まるで魔法を見ている見たい!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「今回は、コモンマロウのまで入れたせいか、思っていたよりも、ずっと緑色が強くなってしまったが、本当なら、もっと彩度の高い青色が出て、時間が経つと美しい紫色が出るはずなんだが。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「私は緑が好きよ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「お湯を注いでから10分くらい経てば完成だ!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716233941j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「わー、お菓子もある!(コガネムシじゃなくてよかったわ)」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ちなみに一緒に食べるお菓子は、『pocky 午後の贅沢(宇治抹茶)』だ。何となく色が似てたから買ったよ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234016j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「いつもは、ちゃんとした物を食べてるのね。安心したわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「じゃあ、飲んでみるか。まずは香りから…ってあれッ!?」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「!?」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「全然、良い香りがしない。ほんのり茹でたの匂いなんだけど。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「…。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「なんかバッタを煮た時と同じ香りだな…。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「ひょっとして(バッタが入っているに違いないわ!!)」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「まぁ、とりあえず味をみよう(ゴクー)」
「なんかフツーのハーブティだなぁ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「ふ、ふむふむ(疑心暗鬼)」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「やっぱりハーブティは、ラベンダーやカモミールなどの複数種を淹れないと、良い味がでないのかもしれないな。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

僥多はハーブティーに詳しいのね。(人は見かけに寄らないのね。)

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ところで、このコモンマロウティーには、いとおかしな一面がある。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「??」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「こちらに2杯目を用意した。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234044j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
レモン…ってことはまさか!?」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「このレモンを絞っていくと…」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234116j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234139j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234202j:plain




f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「おー、アンビリーバボー!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「なんと、青からピンク色に変わるんだ! そして、味も、より爽やかなレモンティーと化すんだ!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234227j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「さすがエスパー僥多」*(番外編 17話を参照)

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「おそらく、青色リトマス紙に酸性の成分を加えると、赤色になるのと一緒の現象だな。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「なるほど、小学校の理科の実験を思い出すわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「最初の色と、まったく違う色になったな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234256j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「私は右を選ぶわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「逆に、レモン汁をにグラスに入れた状態でコモンマロウティーを注ぐと、グラスにお茶が入った瞬間、わるという、目を瞠(みは)るような演出も出来るぞ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190716234325j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
僥多、素敵だわ…(いつもよりは)

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「今回は、思ったような色を出せなかったけど、次回こそは、綺麗なブルーを醸し出してくれようぞ。杏ちゃんも、今後、オシャレなお昼時を過ごしたくなったら、コモンンマロウティーはいかがかな?」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190614215917j:plain

「(ん、よく考えてみたらバッタの味だったような…)」

 

TSUDUKU…

 

スポンサーリンク

 

Instagramもチェックじゃい!!

https://www.instagram.com/p/B0I_oDrgObT/

少しばかり、札幌へキツネとともに、美術館を巡りました😆(※エキノコックス感染の恐れがあるため、野生のキツネには触れないようにしましょう。) モエレ沼公園では、綺麗なトンボがたくさん飛んでいました👍千歳川付近には、ヘビトンボがいてビックリ🤭#昆虫食 #ブログ #ブログ初心者 #北海道 #札幌#hokkaido #モエレ沼公園 #芸術の森 #千歳 #昆虫 #トンボ #ルリイトトンボ #キツネ #fox #ヘビトンボ #映え #美味しそう #虫取り #自然 #japan #love #eatinsect #nature #insect #insects #insekten #insecto #insecte #cute #dragonfly