昆虫食 あなや大学生

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。昆虫食のやり方、食べ方を紹介します。

昆虫食 第27話 潰すくらいなら食べちゃおう! キアゲハの食べ方

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「おや…? ニンジンの葉に何か付いてるな。」

f:id:HUSIYUSUI:20190819191440j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「ぎゃー、イモムシ〜!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「これはキアゲハの幼虫だね。ニンジンの他にも、パセリや、ミツバの葉も食べてしまう害虫だ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「見かけによらず、悪いやつなのね。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「他にもいっぱい付いているみたいだから、採って駆除しようか。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

駆除した後は、まさか…?」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多べてみようか! ただ潰して殺すのは可哀そうだし。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「うぅぅ。」

 

 

 

――――僥多のクッキングタイム――――

 

スポンサーリンク 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ということで、初齢幼虫から終齢幼虫までの27匹を食べてみるぞ!」

 

 

~キアゲハの幼虫を食べてみる~

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192258j:plain

1畝からこんなに採れた

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「こんなにいたのね。気づかなかった。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「っお…1匹、ツノを出している個体がいるな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192406j:plain

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「こ、この匂いは!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「このツノからは液体が出されていて、敵から身を守るために役立っているんだ。この臭いは、毒では無いけど、中々臭いがとれないから、かないように注意しよう。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「鼻に付く匂いだわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「まずは、塩茹でにしていく。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192449j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「ラジャー。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「なんか、何体かがバフッっといって内容物が出たから、茹で汁が緑色になってしまったァ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192603j:plain

水面下で暴発



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「これはかなり嫌だわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「3分ほど茹でたら完成!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192651j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「しぼんじゃった。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「色も形もあまり変わらないな。ツノの臭いもでたから、どこかへんでいったようだ。」

 

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「本当かしら。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「では、頂きますよ。」
「…ぶにッ…!(キアゲハを咀嚼する音)」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192750j:plain

中身がかなり詰まっている



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「うげげ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「そのまんまセリ科だ。ニンジンの葉の味と何ら変わらない…。ちょっと味がいけど。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「不味くはないのね。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ただ、食感がぶにッとしていて独特だな。なんか面白食感のセリ科の野菜を食べている感じだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「なるほど。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ただ、この味の薄さで27匹分も消費するのは、少しつらいところがあるな…そうだ! ここからげてみるか!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「らじゃ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多げたら、また新しい顔を見せてくれるかもしれないッ(ジュ~)」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819192930j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「油が飛ぶ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「心なしか、に幼虫の緑色が写ってる気がする…。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「また爆発したのね。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「キアゲハの幼虫の姿揚げ、完成! 本体がき通っていて、なんか綺麗だな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819193015j:plain

こんな美しい食材が他にあろうか



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「さっきよりはマシね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「そしてこの残った出汁…おっぽいな」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819193125j:plain

なんか沈んでる…



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「な訳ないでしょ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「これをお茶みたいに飲めたら一石二鳥だな! ということで、キアゲハのティーセットの出来上がりだ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190819193226j:plain

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「地獄絵図だわ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「姿揚げからは、のり塩味ポテチの香りがする‼ とても良い香りだぁ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「へー。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「では早速、食べるぜ(パクー)」
「!! 香りも相まって、味も、ほぼのり塩味ポテチだ! 駆除がてら畑でのり塩味ポテチが食べられるなんて、最高だな!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「私はコンソメ派。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多大型個体は、少しジューシーな感じが残っているから、肉厚のり塩味ポテチという、新境地が生み出されたぞ!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「かた揚げポテチが好きよ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「キアゲハの出汁も飲んでみるか。…もう大体予想は付いているが(ゴクー)」
「出汁…薄ッッ! ただのお湯やん!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「芋汁ね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「セリっぽい風味は確かに感じられるけど、流石に抽出したわけじゃないから、お茶みたいにはならなかったよ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「それは残念。」

 

 

 

――――結論――――

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain
僥多「キアゲハの幼虫は、げた美味しい! そして、出汁はお茶みたいには飲めないということが分かった! 今後も、キアゲハの幼虫を見かけたら、積極的にべていこうじゃないか。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190614215917j:plain

「ひゃーーー。」

 

 

 

 

TSUDUKU…

 

 スポンサーリンク

 

 

 

Instagramもチェックじゃい!!

https://www.instagram.com/p/Bz7stJQgLoX/

セミと見間違えるほど分厚いクロメンガタスズメ 🐛食べちゃいたいくらい可愛いとは、正にこのこと。トマトやナスを食べちゃう虫なので、見かけたら、食べましょう💁🏻‍♂️ 麻婆茄子ならぬ麻婆蛾でも作ろうかと思いましたが、この蛾はツナっぽい味でした😅It's taste like tuna!詳細は、プロフのブログから!(あなや大学生 第16話)#昆虫食 #ブログ #ブログ初心者 #筑波大学 #筑波 #つくば #昆虫 #蛾 #もふもふ #かわいい #クロメンガタスズメ #映え #料理 #揚げ物 #虫取り #美味しそう #グロ #衝撃 #japan #eatinginsects #insect #insects #insekten #insecto #insecte #moth #motte #love #polilla #cute