昆虫食 あなや大学生

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。昆虫食のやり方、食べ方を紹介します。

昆虫食 第29話 虫天ぷら ~和食への道~

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多この前の春巻きでは、虫はえるは、脚はいはで散々だったが、画期的な昆虫料理を見つけたぞ!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「また、僥多がなんか言ってるわ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多天ぷらだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「意外と普通ね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「天ぷらは、日本でおなじみの料理で、虫と同じ節足動物であるエビも天ぷらにして食べられることが多いと思う。それに、のおかげで、材料の細かいところはまるでモザイクのように隠してくれる…最高の調理法だと思わないか?」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「確かに。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ということで、夏がセミを採ってきたぞ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141350j:plain

 

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「何さらっとコガネムシ捕ってんのよ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「それじゃ、調理を始めるぞ!」

 

 

――――僥多のクッキングタイム――――

 

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「じゃあ、早速調理を…ってうわッ、手にくっついてきたぁ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141423j:plain

きみ、サスケ出れるよ



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「まじめに調理なさい。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多冷凍庫に5分以上いれたから仮死状態にはなっているが、脚の先のツメは健在だから、普通に引っかかることがある。自然界でも、木につかまったまま立ち往生している昆虫はたくさん見るからな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「弁慶みたいね。上手いわ、僥多!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多羽根は揚げるときにベタベタになるから、調理前にってしまおう。」

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141534j:plain

ハサミでシャキッと!



f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「切られた羽根を見てみると、色が付いていて意外と綺麗だろう? 実は、これはアブラゼミ特有の特徴なんだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141626j:plain

蝶にも勝る美しさ

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「ん、どういうこと?」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「意外と知られていないことだが、日本ではお馴染みのアブラゼミが持つこの特徴は、世界的にみたらしいものなんだ。世界的には普通のセミは透明羽根を持つからね。実際、ミンミンゼミとかクマゼミは透明な羽根を持っているし。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「あ、確かにそうね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「セミは羽根を取り除いたら下準備が完了だ。あとはエビを揚げるのと同様に、水で溶いた天ぷら粉につけてカラッとげるだけだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141732j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「セミの面影がないわね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「揚げるといっても、大量の油は使わずに、いつも通り油で炒めていこう。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141710j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain
「セコいわね、僥多。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「片面がコンガリ焼けてきたら、跳ねる油に注意してセミ達をひっくり返していく。もう既にナッツのようなばしい香りが漂ってきてるぞ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141818j:plain

 

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「あまりグロくないわね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「薄く油を敷いたから、衣が思いのほか付かなかったが、まぁ言われなければセミには見えまいッ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141840j:plain

 

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「なにか虫だと分かるけど。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「火が十分に通ったら、虫天ぷらの完成だ!!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141905j:plain



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「天ぷらね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「天ぷらののおかげで、虫っぽさはせた気がするぞ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「脚が見えてるわー。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「では、頂きますよ。まずはセミ天から(パクー)。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「エビ天みたいに言わないでよ。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ザクッカリッ…ブチッッ!(セミ天を咀嚼する音)。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「なに、ブチって。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「おぉ!なんという弾力だ! 中身はかなり濃厚で、引きちぎって食べなければならないほどの弾力を持ったが詰まっているぞ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「硬いのね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「味は、いつしか食べた時と同じく、ナッツ系でかなり濃厚旨味が広がる…それでもって、食感はぶりぶりのエビを食べている感じで食べ応え抜群だ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「エビがいっそう美味しくなるわ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「思うに、この濃厚は、セミがくときに使う胸肉だな。腹部はスカスカだが、胸部を噛みしめると、重厚が歯で引きちぎるのを阻害してくる。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191008141926j:plain

肉厚ジューシー

 

 



f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「セミの胸肉とは…。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「セミには、胸いっぱいに詰まった『セミ肉』と呼ぶにふさわしいタンパク質が、確かに存在したッ! ついでに、コガネムシも頂きまーす(パクー)。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「何よセミ肉って。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「こちらも絶品だ! コガネムシ特有のさと風味が口に広がって、とても美味いッ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「甘いのね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「セミとコガネムシに外れなしッッ! これからは、もっと他の虫たちを天ぷらにして食べてみたくなってきた!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010058j:plain

「末恐ろしいわ。」

 

                           TSUDUKU…

 

スポンサーリンク

 

instagramもチェックじゃい!!

https://www.instagram.com/p/B3WVk6bAD5u/

ヨーロッパの可愛い生き物たち😘love animals in Europe.#ブログ #ブログ初心者 #フィンランド #ワルシャワ #クラクフ #プラハ #オーストリア #シェーンブルン宮殿 #きのこ#カメムシ #カタツムリ#insect #insects #insekten #love #suomenlinna #finland #warshaw #warszawa #praha #austria #vienna #schlossschönbrunn #schönbrunn #mushroom #grasshopper #heuschrecke #saltamontes #sauterelle#stinkbug