昆虫食 あなや大学生

筑波大学生の昆虫食モラトリアム。昆虫食のやり方、食べ方を紹介します。

昆虫食 第31話 秋が旬 バッタ天ぷらを食卓に! オンブバッタの食べ方

スポンサーリンク

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「この前までは夏だったのに、もうくて心地だなぁ。たちも寒くしているだろうに。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「そもそも寒すぎて虫なんていないんじゃない?」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ところがどっこい、10月は草むらが賑やかなのさ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「ぎょえーー!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多ツチイナゴクビキリギスなどの例外はあるが、ほとんどのバッタ・キリギリス類は9月から10月にかけて成虫になり、産卵の時期を迎えるんだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「てことはつまり…?」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「草原でを採ってべようじゃないか!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「オーマイガー!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「早速、Let’s go !!」

 

 

――草むらでバッタを採る僥多と杏――

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「一歩歩くたびにバッタたちが飛び跳ねるわね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「今回は、オンブバッタを採ってみようと思う。オンブバッタはその名の通り、大型の個体()の上に小型の個体()が乗ってオンブしているような恰好で見られることが多いバッタなんだ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「なんでオンブしてるの?」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「上に載ってる個体はで、と交尾した後もそのまま引っ付いたままなんだ。だから別に母バッタ子バッタをオンブしている訳ではない。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「子供の夢を壊したわね。」

 


――――バッタを採ること30分――――

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「大分、採れたぞ!!」

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024125644j:plain

これぞ秋の味覚

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「何さらっとカメムシ捕まえてんのよ(右下)。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「右上の2匹がツチイナゴで、左側に並ぶ細長い頭のバッタがオンブバッタで、真ん中の列がイナゴの一種だ。左下にいる2匹はトノサマバッタだと思う。これはお腹いっぱい食べられそうだな!」

 

 

――――僥多のクッキングタイム――――

 

スポンサーリンク

 

 


~オンブバッタを食べてみる~

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「今回は、ずっとやってみたかったバッタの天ぷらを作っていくぞ。秋っぽいし。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「はいはい。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多前回、天ぷらを作った時は、衣がすぎて見た目が悪かったから、今回は天ぷら粉にを多めに入れてサクサクの天ぷらを目指すぞ!!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024125728j:plain

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「ほー、料理家ね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「まず試しにツチイナゴを一匹揚げてみよう。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024193658j:plain

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「意外と美味しそうね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「昆虫は、エビやカニと同じ、節足動物で、特にバッタはエビみたいに、が通るとくなるんだ。とても鮮やかだねぇ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「なるほど、初知りだわ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「時々ひっくり返して、完全にが通ったら完成だ! せっかくだから種類ごとにり付けてみよう。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024125912j:plain

異物混入とは言わせまい

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「おー、予想に反してお洒落ね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「では、頂きますよ。まずは迫力満点のツチイナゴたちから(パクー)」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024130130j:plain



f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「衣とバッタが映えるわね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「お!ザクザクとべやすい食感で、エビ天に勝るとも劣らない美味さだ! 大きいだけあって食べ応えも抜群だな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「海老天と比べるとは、きく出たわね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「次はイナゴ天を頂こう。何気にイナゴを天ぷらで食べるのは初めてだからな(パクー)」
「…こちらも文句なしの美味さだな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024130248j:plain



f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「見た目が一緒ね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「最後に、お待ちかねの、オンブバッタを食べてみようじゃないか(パクー)」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024130327j:plain



f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「こっちは軽そうね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「サクサク食べれて美味しい! 他のバッタに比べて、小さいからか、一番べやすいな。草原を彷彿とさせる、やかな風味を感じる…これはエビにはない特徴だ。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「なるほど、これは美味しいかも。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「実は、天つゆも作っておいたから、米に乗っけて、天丼にしてみよう!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191024130406j:plain

見た目は普通に天丼



f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「迫力満点ね。」

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「では、頂きまーす(パクー)。」
「…んんッ! 普通に天丼として頂けるじゃぁないか! 美味しッ!」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「確かに美味しそう。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「バッタは、エビと違って、ごと食べているから、幾分かみにくさは残る。天つゆにつけてしまうと、さらに殻が(しな)びて食べづらくなるという欠点はあるな。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「サクサク食べたいわね。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「オンブバッタは、体がさい分、天つゆをつけてもあまり萎びないから、非常に食べやすい食材だ。ただ、個人的にはバッタ天で食べることをお勧めする。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「へー。」

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20190621010236j:plain

僥多「ちなみに、カメムシ天は、謎にやかで、その青臭いともいえるりはクセになる感じだったぞ。ぜひともこの秋は、、虫の鳴き声を聴いたり、見て愛でたりするだけでなく、味覚でも楽しんでみようじゃないか!」

 

 

 

 

f:id:HUSIYUSUI:20191108145533p:plain

「ただ臭いだけやん。」

                               TSUDUKU…

スポンサーリンク

 

 

instagramもチェックじゃい!!

https://www.instagram.com/p/B4gml29g-BS/

「あなや大学生」第31話のバッタ天と、第32話のカメムシ調味料は、同じ日の夜ごはんを自炊する中で撮影しました💁🏻‍♂️ とても画期的で、美味しくおしゃれに昆虫が食べられると思います👍#ブログ #つくば #昆虫食 #美しい #japan #insect #insects #insekten #insecto #insecte #곤충 #love #昆虫 #虫 #eatinsects #eatinsect #インスタ映え #カメムシ #stinkbug #grasshopper #heuschrecke #saltamontes #sauterelle #메뚜기 #料理 #和食 #天ぷら #cooking #japanesefood #絶品